さよならを言うだけで

さよならを言うだけで

終われるはずがない

美しい花ほど

枯れた姿は醜い

どこでまちがえたの

なにが足りなかったの

微笑みの内側で

君に鍵をかけさせた ごめんね

もう そうさ

抱きしめた腕を解いても

抱きしめた夢は解けない

見苦しい 涙が

じきに僕を変える

幸せがここで途切れても

思い出はなにも変わらない

それは知っているだろう

どこでまちがえたの

なにを見失ったの

孤独まで自分を

守る術にさせていた ごめんね

もう そうさ

抱き寄せた肌が冷たくて

抱き寄せた声が聞こえない

閉じ込めた 涙が

いつか君も変える

優しさにここで気づいても

さみしさはなにも変わらない

それも知っているだろう

さよならを言うだけで

終われるはずがない

美しい花ほど

枯れた姿は悲しい