琥珀のとき

その 先 行けば

後悔もすると

知っていたはずの

あのくちづけ

さみしいと泣いて

ありふれる恋を

きっと深爪は

咎めていた

向かいの席は

誰のもの?

誰も今夜は

教えてはくれない

まだ 夢 見ても

構わないですか

幸せはふいに

透明な器

だってはじめから

そこにはない

夕闇の空は

どこで見る?

どこで見ようと

あなたはいないのに

向かいの席は

誰のもの?

誰も答えを

教えてはくれない

まだ 夢 見ても

構わないですか